住宅は資産か負債か?金持ち父さん貧乏父さん

資産とは?住宅は、別荘は、自動車は、従業員は、負債?

HIBIKI FP OFFICE(愛知県名古屋市のFP事務所)の重永です。

昨夜はGLOBAL SUPPORT LIMITEDの資産形成セミナーを受講してきました。

まさに「目からウロコ」な内容でした。

一部シェアしたいと思います。

【資産とは】

有名な書籍「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだことがない人はぜひご一読ください。

オリラジのあっちゃんがYouTubeでわかりやすく、凝縮して話しています。

「金持ち父さん貧乏父さん解説動画」

こちらもおすすめです。

「家は資産か?負債か?」

あなたの考えはどちらですか?

資産と答えた人は「家賃を払うくらいならローンを返して、その住宅が自分の所有物になった方がいい」と考えているでしょう。

住宅メーカーがマストで使うセールストークですね。

もちろん否定するわけではありませんが、ある考えにおいては間違いになります。

ある考えとは「資産とはお金を生むもの」ということです。

つまりキャッシュフローがプラスになるものです。

毎月、給料から住宅ローンを返済していてはキャッシュフローはマイナスです。

ということで“住宅は負債”と言えます。

「社長が持つ別荘は資産か?負債か?」

住んでいるわけでもないのに固定資産税や維持費だけがかかっていては負債です。

が、その別荘を従業員に貸してあげて、その従業員のやる気が上昇して会社に貢献したらお金を生み出します。つまり別荘は資産になります。

「車は資産か?負債か?」

ローン返済、税金、保険料など、お金が出ていきます。負債ですね。

が、たとえばキッチンカーは営業活動によって利益(お金)を生み出します。資産です。

「従業員は資産か?負債か?」

答えは両方ありえると言えます。

その従業員が優秀だったら資産ですよね。

単純に、会社へ利益を計上してくれるのはもちろん、雇用主に代わって仕事して稼いでくれるということは、その従業員は雇用主が自由に使える時間を生み出しているということです。

そして雇用主はその時間を使ってお金を生み出す行動ができます。

逆に、お金を生み出さない従業員は負債と言えます。

給料に見合った利益を上げない、仕事を任せられないから雇用主は自由になれない。

優秀な経営者とは、負債である従業員を教育して“資産”に変えます。

ここからもわかるように、資産とは「お金を生み出すもの」

お金とは時間です。

時間とは命です。

資産とはお金を、時間を、命を生み出すものです。

【自分の資産と負債をまとめてみる】

いま自分が保有しているものの中で、資産だと思っていたものが負債だったことになると将来のライフプランが崩れてしまうかもしれません。

「家買っちゃったよ。。」と落ち込まなくていいです。

インフレが進むことを考慮すれば、ローンを利用して住宅購入することは悪くありません。

繰上げ返済せずに、住宅ローン金利以上の利回りで運用することを目指しましょう。

経営者の人は、従業員を「資産か、負債か」という目線で見てみるのもいいかもしれません。

万が一、負債かなと思う従業員がいれば、どうすれば資産にできるか考えて行動するともっと利益が上がるかもしれません。

【まとめ】

資産と負債は紙一重です。

資産運用は「資産を運用すること」です。ではその資産を正しく理解しているか?

スタートはここからです。

資産形成も同じです。資産を形成していたつもりが、負債を形成していたなんてアホすぎます。

友だち追加

LINE公式アカウント友達追加で2大特典プレゼント!

虎の巻其の壱「クレジットカード」
年間37万マイル貯める男が使うクレジットカード1枚を大公開!

虎の巻其の弐「ふるさと納税の極意」
ふるさと納税の自己負担が実質0円!?知らなきゃ損の裏ワザ!

その他、セミナー情報をはじめ世界情勢や旬な情報をお届けしています!

住宅は資産か負債か?金持ち父さん貧乏父さん
最新情報をチェックしよう!
>中立の立場からアドバイス

中立の立場からアドバイス

代表の重永は銀行員時代、金融機関の提供する金融商品に疑問を抱き退職しました。弊社は代理店契約(保険など)を一切しておりません。仲介手数料や紹介料に踊らされることなく、顧客の利益を最優先に、各個人に最良の提案をしています。

CTR IMG