ロレックス投資

現物資産投資「時計」ロレックス投資どう?CFPの見解とは

HIBIKI FP OFFICE(愛知県名古屋市のFP事務所)の重永です。

現物投資、今回は腕時計編です。

時計について、とくに注目されているロレックス投資を取り上げます。

【なぜ時計なのか】

現物資産の代表格といえば金と不動産です。

これらに加え、現物資産としての価値が認められているもののひとつとして時計も挙げられます。

現物資産に求められるのは「長く価値のある状態を保つ」ことです。

機械式時計は壊れにくく、メンテナンスしていれば半永久的に使用できます。

機械式で価値のある時計といえばロレックスが有名ですよね。

実際にロレックスを購入して資産価値の向上を待ってから売却する「ロレックス投資」が雑誌で特集されたりしています。

【ロレックス投資は難しい?】

私はとてもではありませんが手を出せません。

というのも、時計に全く興味がありませんし、相場とかも知りません。

実際に「いつ買い時で、いつ売り時なのか」はプロでも難しいそうです。

ロレックス投資に無関心の私でも言えるのは、流通量が少ないモデルを買うべきということです。

流通量がすくないということは、生産が終了すれば希少価値が上がっていきます。

すると売買される金額も上昇することが予想されるので現物資産投資としては成功しやすそうです。

あとは綺麗に保管しておくことですかね。

付属品を捨てないことも大事ですね。

【あくまで分散投資先の選択肢の一つ】

いくら時計に詳しくても、ロレックス投資にだけ集中するのはどうかと思います。

あくまで資産運用の基本である分散の選択肢としてロレックス投資に取り組む程度がいいでしょう。

物価上昇(インフレ)するとモノの価値が上がりますので、現金にしておくくらいなら購入した方がよさそうですね。

【まとめ】

お金持ちの人が高級時計を買っている理由は、じつは投資なんですね。

こんなことを考えずに、ただただ見栄のために購入している人も多いかもしれませんが。。

お金持ちの人の行動には何かしら理由があるとアンテナを張ることも勉強になります。

友だち追加

LINE公式アカウント友達追加で2大特典プレゼント!

虎の巻其の壱「クレジットカード」
年間37万マイル貯める男が使うクレジットカード1枚を大公開!

虎の巻其の弐「ふるさと納税の極意」
ふるさと納税の自己負担が実質0円!?知らなきゃ損の裏ワザ!

その他、セミナー情報をはじめ世界情勢や旬な情報をお届けしています!

YouTube「とらしげ社長のFPチャンネル」

ロレックス投資
最新情報をチェックしよう!
>中立の立場からアドバイス

中立の立場からアドバイス

代表の重永は銀行員時代、金融機関の提供する金融商品に疑問を抱き退職しました。弊社は代理店契約(保険など)を一切しておりません。仲介手数料や紹介料に踊らされることなく、顧客の利益を最優先に、各個人に最良の提案をしています。

CTR IMG