住宅ローンすまい給付金に隠された裏ワザ(税金控除)

HIBIKI FP OFFICE(愛知県名古屋市のFP事務所)の重永です。

若いご夫婦からの住宅ローンに関する相談が多い中、すまい給付金を絶対もらえると勘違いされている方も多いです。

逆にもらえないと思っている方もいます。

対象ではないと思っている人も、裏ワザを使えば受給できるかもしれません。

前回は団体信用生命保険(団信)住宅ローン控除についてでした。

【すまい給付金とは】

住宅購入者が給付金をもらえる制度で、給付額は年収(実際には都道府県民税の所得割額)によって決まり、最高で30万円となっています。(消費増税後は最高50万円)

過去、消費税が5%から8%に増えた時、住宅ローン控除も最大控除額がそれまでの倍(年間40万円)になりました。しかし、せっかく優遇したのに高所得者しか1年で40万円の控除を受けられない(フル活用できない)ということで、すまい給付金がスタートしました。

※控除40万円フルに受けるには、所得税と住民税が40万円以上の高所得者しか対象にならない

【給付対象者】

主な要件

  1. 住宅の所有者:不動産登記上の持分保有者
  2. 住宅の居住者:住民票において、取得した住宅への居住が確認できる者
  3. 収入が一定以下の者[8%時]収入額の目安が510万円※2以下[10%時]収入額の目安が775万円※2以下
  4. (住宅ローンを利用しない場合のみ)年齢が50才以上の者※1

※1: 10%時には、収入額の目安が650万円以下(都道府県民税の所得割額が13.30万円以下)の要件が追加されます。
※2: 夫婦(妻は収入なし)及び中学生以下の子供が2人のモデル世帯において住宅取得する場合の夫の収入額の目安です。

出典「国土交通省すまい給付金HP

この「年収510万円以下」で給付を諦めている人が多くいます。実際には年収ではなく「都道府県民税の所得割額」によって決定します。つまり、扶養家族がいて基礎控除などが多ければ年収510万円を超えていても受給できます。(裏ワザもあります)

【いくらもらえる?】

「収入(都道府県民税の所得割額)」や「持分割合」によって給付額が変わります。

夫婦ペアローンとか親と共同名義だと計算めんどくさい

ここでは「夫婦(妻は専業主婦)と中学生以下の子2人の世帯」の目安を紹介します。

年収425万円以下:給付金30万円
年収425万円超〜475万円:給付金20万円
年収475万円超〜510万円以下:給付金10万円
※実際には年収ではなく都道府県民税の所得割額から算出

シンプルな感じだと、こうです。

国土交通省のHPで簡単な計算ができます。

【どうすればもらえるの?】

申請書を申請窓口に持参または郵送するか、すまい給付金事務局へ郵送する方法。

住宅メーカーが代理でやってくれるのがほとんどでしょう。

その担当者の知識不足があると、本当は給付金を受けられるのに「年収が510万円超えてるので対象じゃないですねー」という言葉を鵜呑みにして諦めている人がいます。

先述のように単純に年収ではなく都道府県民税の所得割額から算出しますので、家族形態や後述の裏ワザで受給できるパターンもあります。

申請に必要な書類も人によって異なりますので、ここでは主に必要な書類を紹介します。

・住民票の写し(引越し後の新しい住所)
・不動産登記における建物の登記事項証明書
・謄本の原本
・個人住民税の課税証明書(引越し前)の原本
・工事請負契約書または不動産売買契約書の写し
・住宅ローンの金銭消費貸借契約書の写し
・通帳の写し

【裏ワザ】

私のブログを毎日読んでいるアナタは勘付いているかもしれません。

今の年収ではすまい給付金の対象にならないとしても、所得税と住民税を減らせばいいんですよね?そうです、ふるさと納税で税金の控除を受けることで対象になることが可能です。

給付額が10万円だった人も、この裏ワザを使えば給付額を増やすことができるかもしれません。

上手に活用すれば、住宅ローン控除を40万円、すまい給付金を30万円受け取るのが最高のシナリオです。

ふるさと納税の新ルールで返礼率が30%以下になりガッカリした人もいると思いますが、このような恩恵を受けることもできます。

注意したいのは、ふるさと納税で税金が控除されるのは翌年なので、住宅購入を検討している人は前年のうちにふるさと納税をしておく必要があります。細かいことは個別相談をご利用ください

おすすめはズバリ楽天ふるさと納税です。詳しくはこの記事で!

「ふるさと納税×楽天の最強コンボ!最大14%還元の秘密を公開」

【まとめ】

難しい言葉がたくさん出てきましたね。銀行や住宅メーカーの担当者も深く理解していない現状があると思います。消費増税後はまた対象要件が変わります。今回は消費税8%の対象となるお話でしたのでご注意ください。

消費増税後はこんな感じ

「年収550万円で今年住宅購入したけど、去年も一昨年もふるさと納税したからすまい給付金もらえるんじゃね?」となってくれたら幸いです。引き渡しから1年3ヶ月以内に申請しなければならないので、今すぐご連絡ください。

金融機関や住宅事業者の話だけではなく、私のような第三者FPに相談することで見えてくることもあります。とりあえず、毎日このブログを読みましょう!

友だち追加

LINE公式アカウント友達追加で2大特典プレゼント!

虎の巻其の壱「クレジットカード」
年間37万マイル貯める男が使うクレジットカード1枚を大公開!

虎の巻其の弐「ふるさと納税の極意」
ふるさと納税の自己負担が実質0円!?知らなきゃ損の裏ワザ!

その他、セミナー情報をはじめ世界情勢や旬な情報をお届けしています!

最新情報をチェックしよう!
>中立の立場からアドバイス

中立の立場からアドバイス

代表の重永は銀行員時代、金融機関の提供する金融商品に疑問を抱き退職しました。弊社は代理店契約(保険など)を一切しておりません。仲介手数料や紹介料に踊らされることなく、顧客の利益を最優先に、各個人に最良の提案をしています。

CTR IMG